YouTubeでチャンネル削除に遭わないためにしておくべきこと

2016-03-19_14h47_56

 

YouTubeをやっていて、常に付きまとうのが

チャンネル削除という恐怖です。

 

毎日、数万円を稼ぐようなチャンネルも

YouTubeの気分次第で、いきなり削除なんて事があるんですよね。

 

 

チャンネルが消されるだけならまだしも

YouTubeを使ったアドセンス報酬で生活している様な場合は

なんの予告もなしに収入源を絶たれることになりますから

あなた、今日でクビね」と言われるのと同じ状況になるわけです。

 

 

cf3f1ada9905f76f8bdf8cb33d15b24a-640x320

 

 

YouTubeで稼ぐための方法を知ることも大事ですが

削除に対しての予防策を知っておくことも非常に大切になります。

 

そこで、チャンネル削除に遭わないためには

どんなことをしておくべきか、私の経験を交えてお話しようと思います。

 

 

所有する全チャンネル削除からアドセンス剥奪を経験した私が

YouTube運営のヒントをお伝えしているメルマガ。

ブログでは言えないような裏ワザもお伝えしています。

YouTubeで成功したなら迷わず登録してみてください。

 

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから

 

 

実は先日、メルマガ読者さんから質問を頂きました。

その方は(仮にAさんとしましょう)、これから特化チャンネルを始めるにあたり

ジャンルの絞り方で悩まれていました。

 

 

そこで、私は、Aさんがやってみようと考えているジャンルで

人気のあるYouTubeチャンネルをご紹介して

「こんなチャンネルをお手本にすると良いですよ」と返信したわけです。

 

 

すると数日後、Aさんから、思わぬ返事が帰ってきました。

「森山さんの紹介してくれたチャンネルですが

URLをクリックしたら、アカウントが停止されていました

 

 

「へ?!マジで?!」

一瞬、びっくりしたんですが、削除自体はそれほど珍しいことではないので

ホントに消されちゃったんでしょうorz

 

 

記憶では、そのチャンネルは開設から1年以上の

それなりに露出の多いチャンネルだったと思うのですが

よりによってこのタイミングで消されるとは・・・

 

 

Aさんのご報告では

「第三者の報告が多数寄せられた的なことが書いてありました。」

となっており、私も確認したところ

『「◯◯◯」アカウントを停止しました。

これは、このユーザーのコンテンツが著作権を侵害しているとの申し立てが、

第三者から複数寄せられたためです。』

間違いなくチャンネル削除されていました。

 

2016-05-28_08h34_30

 

 

 

 

 

 

もしかすると、他人の動画を丸パクリして

自分のチャンネルロゴだけ付け加えてアップしていたのかもしれません。

そういう動画は著作権者に見つかれば

間違いなく著作権侵害の通報をされるでしょうから。

 

 

たぶん月に10万円くらいは稼いでいたチャンネルかと思うのですが

せっかく育てたチャンネルを失うと、収益だけでなく、

チャンネルの登録者さんも失うことになってしまうので

仮に動画を再編集して、新規チャンネルに上げたとしても

以前同様の収益まで戻るには、相当な時間が必要になるはずです。

 

 

その後、どうするのか注意して見ていたんですが、

同一と思われる方が、新規チャンネルに

消された動画を再アップしていました。

ですが、消されたものと全く同じ動画なので

著作権者の目に留まり、再び消されるのは時間の問題です。

 

 

過去にも同様の事をしてすぐに消されたチャンネルを

いくつも知っています。

あなたがもしチャンネル削除に遭ってしまったら

少なくとも、自分で思い当たる部分は編集をして再利用しましょう。

YouTubeを甘く見ると、後で痛い目にあいますからね。

 

 

1チャンネル削除であれば、複数のチャンネルを持つことで

収入が突然0になるリスクは避けられるんですが

実はもっと怖いのが、芋づる式のチャンネル削除というやつなんです。

 

 

メルマガの方ではお伝えしたことがありますが

実は私、記録に残しているモノだけでも

過去に、たった2ヶ月間で19ものチャンネルを削除されています、

あはは・・・

 

 

これが、いわゆる芋づる式の連鎖削除だったんです。

 

 

どういうことかというと

2015年の7月、とある理由で、

所有する10チャンネル中7つのチャンネルを

同日、同時刻に一気に消されてしまいました。

 

 

削除の理由は、全てのチャンネルで

「スパム、誤解を招くコンテンツなどの利用規約違反」となっており

具体的にどこがどのようにいけないから削除したということは

YouTube側は一切教えてくれません。

 

 

2016-05-28_08h36_57

 

 

 

 

 

 

なので、あくまで推測でしかありませんが

動画冒頭にスキップ不可のアドセンス広告に見せかけた

「あなたもYouTubeで稼いでみませんか?」というCM動画を入れて、

商材のランディングページへ誘導していたことが

削除の原因ではないかという結論に至りました。

 

 

全てのチャンネルで、擬似CM動画を挿入していたため

アドセンスで禁じられている

「第三者の広告、スポンサー情報、宣伝などを動画コンテンツに埋め込むこと」

に抵触したということも考えられますし

動画自体が価値の無いものもあったため、コミュニティガイドラインの

「コンテンツの主な目的が人々をYouTube から別のサイトへ誘導しようとするものである場合」

という部分でも違反していると捉えられたのかもしれません。

 

 

ここで、削除の原因を詳しく説明しても仕方ないんですが

注目しないといけないのは

同日の同時刻に7つのチャンネルが一斉に消されたという部分なんです。

 

 

鋭い方はもうおわかりかも知れませんね。

 

 

そう、YouTubeは、私がどのチャンネルを管理しているか

全てお見通しだったということなんです。

 

 

これが、まさに芋づる式のチャンネル削除というやつなんです。

 

 

何を元にチャンネルの所有者を確認をしているかは

公表されていないので、これまた憶測になるのですが

PCのIPアドレスだったり、ブラウザのログイン履歴

クッキーやキャッシュなどのデータ

チャンネルの電話番号認証をしていれば

もちろんそこも見ているはずです。

 

 

さらにGoogleのブラウザである「chrome」をログインした状態で使っていると

複数のチャンネル管理者が同一人物であることがバレて

重大な違反をした場合、連鎖的にチャンネルを消される可能性が高くなります。

 

 

7月の7チャンネル削除以降も、

削除への対策をよく考えずに新規チャンネルを作っていたんですが

これが面白いように消されていくんです。

 

 

通常は動画削除等のペナルティを受けて

6ヶ月間に同一チャンネルに警告が3つつくと削除となるんですが

私の場合、動画を消されるも何もなく

開設から2~3週間で、いきなりチャンネルごと削除されてしまうんです。

 

 

結果的には、9月時点で所有する全てのチャンネルが削除され

紐付けていたアドセンスアカウントまで剥奪されるという

不名誉な前科まで付いてしまったんですね。

 

 

要は、一度チャンネル削除をされた人間は

新たにチャンネルを作ることが禁止されているので

チャンネル削除の前科の付いたIPアドレスを使って、

次から次へと新規チャンネルを作った結果

それらと紐付けたアドセンスアカウントがバレて

すべてを失うことになったというわけです。

 

 

そこで、このようなチャンネル単体や連鎖削除を回避するための

様々な知識が必要となってくるわけです。

 

 

少々長くなってしまいましたので

具体的な対策は次回お説明しますね。

 

 

チャンネル削除を回避する㊙テクニック

 

 

所有する全チャンネル削除からアドセンス剥奪を経験した私が

YouTube運営のヒントをお伝えしているメルマガ。

ブログでは言えないような裏ワザもお伝えしています。

YouTubeで成功したなら迷わず登録してみてください。

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから