動画のタイトルで再生回数を伸ばすコツ(ごちゃまぜチャンネル-トレンドネタ編)

270

ごちゃまぜチャンネルを運営していると

どうしても最新のニュースばかり扱ってしまいがち。

 

 

ホントはあんまりオススメしないんですが

YouTubeアフィリ初期では、動画作成に慣れる意味でも

Yahoo!ニュースからネタを作ることも多いはずなので

いわゆるトレンドネタを作る際のタイトル付けについて説明していきます。

 

 

 

 

Yahoo!のトップページに表示されるのがYahoo!ニュースなんですが、

検索のためのページであるGoogleを除けば

日本で最も多く見られているのが、Yahoo!のトップページになります。

 

 

2016-04-01_23h02_36

 

 

 

そのPV(閲覧数)は、月間130億PV

1日に4億回以上表示されている計算になります。

 

 

 

これだけ注目度のあるページに表示されるニュースなので

非常に多くの方が目にするのは当然のことで

動画での検索需要もそれなりに期待できるわけです。

 

 

 

ですから、YouTube初心者がアクセスを集める感覚を養ったり

どんなネタが動画として需要があるかなどを理解するには

大変勉強になるネタ元であることは間違いありません。

 

 

 

 

ごちゃまぜチャンネルから抜け出せないあなた

私の発行するメルマガでYouTubeアフィリ成功のヒントをお教えしています。

思うように成果が出ていないのであれば、迷わず登録してみてください

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから

 

 

 

 

 

私も、YouTubeに取り組み始めた時は

トレンドネタを一生懸命狙っては動画を作っていましたし

それなりにアクセスを集める動画を作ることも出来ました。

 

 

 

ですが、とある統計をとってみたところ

トレンドネタは狙っても労力の無駄だということに気が付いたんです。

まあ、その訳は最後にお話しますね。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、トレンドネタのタイトルをみていきましょう。

と言っても、私はあまりタイトル付けが上手ではないので

基本的なお話だけになりますので、ご了承下さい。

 

 

 

まず、ネタを決めたら、メインとなるキーワードがありますよね。

芸能人の話題ならその方の名前、企業に関するネタなら会社名

話題の店やグッズならその名称といったように

動画の「主語」のようなものがメインキーワードです。

 

 

 

そのメインキーワードに加えてサブとなる複合キーワードをつけるんですが

ニュースの全文を読んで、何となく目を引くワード

インパクトのあるワード調べてみたくなるワードを選ぶと良いですね。

まあ、3つか4つあればいいでしょう。

 

 

 

それを、なるべく自然な文章となるように

タイトルの頭に近いところへ散りばめてあげればOKです

 

 

 

虫眼鏡キーワードやYouTubeサジェストを調べたりする方法もありますが、

トレンドネタに関しては、キーワードの組み合わせそのものが

過去に存在していない場合がほとんどですので

調べること自体、あまり意味がありません。

 

 

 

なんか内容が気になるようなタイトルが付けられればベストですが

タイトル付けに関しては、ライバル動画のタイトルを研究して真似するのが

一番簡単で確実にスキルアップが出来ると思います。

 

 

 

そして、トレンドネタが難なく作れるようになってきたら

今度はそれにオリジナルの情報を加えて

少しづつライバルとの差別化を図っていくのが

ごちゃまぜチャンネルの本来の目的だと、私は考えます。

 

 

 

この差別化を意識せずに、年がら年中トレンドネタのコピペだけやってても

まず稼げるようにはなりませんから、やっぱり頭をつかうことは必要です。

 

 

 

頭をつかうと言っても、ライバル動画を見て、自分の動画と比べて

いいところを真似していけばいいだけですので

結局そこもコピペ的な考えで良いんですよ!

 

 

 

そうやって真似してるうちに、

自然と自分のアイデアが考えられるようになってきます。

これは特化チャンネルに移っても全く同じです。

 

 

 

とにかく、ライバルのいいところを徹底的にパクって

 

自分のスキルをどんどん上げていけば

 

気がついた時には稼げるチャンネルに育っているはずです!

 

 

 

 

 

では、私がトレンドネタを狙うのが無駄だと思った訳をお話します。

 

 

 

一般的にトレンドネタに使われるキーワードは

「その日に生まれたキーワードの組み合わせ」な訳です。

 

 

 

例えば 「◯◯さん △△さん 結婚」

「□□さん 病名 告白」

「企業名 金額 脱税疑惑」

などのように、昨日まで存在しなかったキーワードの組み合わせ

突然、検索需要が増える事は理解できるでしょうか?

 

 

 

そういった場合、ニュースに気付いていち早く動画にしてアップすれば

検索の需要を独占できることになり

後から動画をアップしても、余程内容が良いか

サムネイルが魅力的でもなければなかなか再生されないんです。

 

 

 

過去に40本ほどのトレンドネタ動画に関して

自分の動画の検索順位と、ライバル動画の順位を比較したところ

最も早くアップしたおかげで1位表示されたものが15本。

 

 

 

残りの25本は2位以下だったんですが、トップの動画と投稿日を比べてみると

私の投稿より先にアップされていた動画が22本

同日のものが2本、後日のものが1本という結果でした。

 

 

 

この結果を見てもわかるように、トレンドネタは

早い者勝ち」的な部分が非常に強く

内容を一生懸命考えても、正直あまり意味が無いと言わざるを得ません。

 

 

 

しかも、再生されるのは、良くてニュースの翌日くらいまで。

ネタによってはもう少し長いものもありますが、

1ヶ月以上再生され続けるようなネタは、まずありません。

 

 

 

ということは、再生を維持するためには

 

全く資産価値のない動画を、毎日上げ続ける必要があり、

 

不労所得などとは縁のない、単なる労働でしかないわけです。

 

 

 

この辺りを、「トレンドは再生が集まる」と勘違いして

いつまでも抜け出せれないと、一向に稼げるようにはなりません!

 

 

 

 

YouTubeアフィリの目指すべき形は、放置しておいても

勝手に再生される動画を作ることですからね!

 

 

 

ですので、1時間に数百再生集めるような動画を作ることができたら

さっさとごちゃまぜは卒業して、特化チャンネルに取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

 

ごちゃまぜチャンネルから抜け出せないあなた

私の発行するメルマガでYouTubeアフィリ成功のヒントをお教えしています。

思うように成果が出ていな異のであれば、迷わず登録してみてください

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから