ごちゃまぜチャンネルで狙うべきネタとは?

6a00d83420c49153ef01b7c781a9b2970b

 

私は、ある程度アクセスを集める感覚が掴めたら

さっさとごちゃまぜは卒業した方がいいという考えなのですが

ごちゃまぜでも瞬発力のあるネタが現れた時は

あなたの置かれた状況に応じて

賞味期限の短いネタでも狙っていいと思っています。

 

 

 

それはどういったネタなのか?

今回はそこを私なりの考えでご説明しようと思います。

 

 

私がごちゃまぜの卒業を勧めるのは

ごちゃまぜにはチャンネル登録者が付きにくいから

という理由が一番大きいのですが

特化に移っても、ごちゃまぜチャンネルを持っているなら

瞬発力のあるネタは狙ってもいいと考えます。

 

 

 

ごちゃまぜチャンネルから抜け出せないあなた

私の発行するメルマガでYouTubeアフィリ成功のヒントをお教えしています。

思うように成果が出ていないのであれば、迷わず登録してみてください

 

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから

 

 

 

 

 

なぜかといえば、

視聴者に十分な価値を与えられる可能性がある

からです。

 

 

 

ではなぜ、視聴者に価値を与えられるのが大事なのかといえば

あなたの提供した価値(動画)が、動画の評価を上げ

その評価によって再生を爆発させられれば

特化チャンネルへの誘導も可能になるからです。

 

 

 

「え?何言ってんの?」

と思われるかもしれませんが実際に可能なんです。

その辺りのからくりは最後にお話します。

 

 

 

では、具体的に瞬発力のあるネタとは何でしょう?

さらに言えば、どんなネタなら

あなたにも価値のある動画が作れそうですか?

 

 

芸能人の結婚?

 

有名人の不倫?

 

政治家の暴言?

 

 

 

そういうものも当然瞬発力が高いネタですが

当然ながらライバルも同じネタに群がってきますし

よほど、芸能事情、政治家事情に詳しい方でもなければ

同じような情報を元にした、似たような動画になってしまうことは

大体想像がつくと思います。

 

 

 

それよりも、もっと平等で価値を作りやすいネタがあるんです。

 

 

 

それは、

 

 

国内外で起きた事故や自然災害です!

 

 

 

え?そんなこと?

と思うかも知れませんが、これが結構イケるんです。

 

 

 

 

なぜイケるのか?と言うと

 

1. SNSが普及したおかげで、TVにも出ないレア画像がたくさん見つかる。

 

2.  事故や自然災害はブログよりも動画のほうが検索されやすい。

 (たとえ静止画のスライドショーでも十分価値が与えられる)

 

3. 特にニュースで見れなかった人のYouTubeでの需要が高まる。

 

と言ったあたりが大きな理由です。

 

 

 

それほど大きな事故、災害でなくてもOKです

ローカルなものなら、それをネタにするライバルも少なく

検索需要が多かった場合は、供給自体が少ないので

需要を独占できる場合もあります。

 

 

 

ただし、悲惨な事故や多くの死傷者が出た事故は

YouTubeのコミュニティガイドラインに反すると捉えられることもあるので

少々注意が必要になります。

 

 

 

私が作った動画でヒットしたのは、国内の大雨による冠水被害や

海外の大地震、爆発事故などでした。

 

 

 

 

では、先ほどの3つの理由を簡単に説明します。

 

 

 

まず1に関してですが

フェイスブックやツイッターなどのSNSで画像を探して

事実の報道という体で引用すれば問題ありません。

 

 

 

他人の画像を無断で使うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが

引用の範囲であれば著作権者の許可は要りません。

引用元だけ明記してあればOKです。

 

 

 

 

過去に私も国内の事故などを扱ったニュースで

SNSの画像を使用していましたが、

クレームをつけてくる人はいませんでしたし

海外のニュースであれば、尚の事です。

 

 

 

 

日本語で付けられたタイトルの動画を

SNSに画像を投稿した外国人が見ることなど

まずあり得ません。

 

 

 

海外の災害ではSNS上の写真を

英語で検索する必要がありますが

これもグーグル翻訳などを使えば簡単に画像が見つかります。

 

 

ただし、価値を与えるという意味を考えると

できるだけ多くの画像を集めたほうが良いのは当然のことで

レアな画像を見つけるには、少々時間もかかるかもしれません。

 

 

 

 

では、続いて2について

事故や災害などは多くの方が映像を見たいと思います。

となると検索する際も、ブログより動画を検索する人が多くなります。

 

 

 

日本人が最も多く利用している

Yahoo!のトップページから検索をした場合でも

動画での需要がある検索に対しては

検索結果の上位にYouTube枠が来ることもあり

そういう場所に表示されれば、間違いなく再生が爆発します。

 

 

 

 

では、最後に3について

TVニュースというものは、当然のことながら

放送される時間が決まっており

今、情報を知りたいという方にとっては

ニュース番組を待つよりも、動画サイトを検索したほうが

情報を早く入手することが出来ます。

 

 

 

また、ニュースで情報を知った人が

その他の情報がないか検索してくることもあります。

 

 

 

YouTubeでは、検索した際、サムネイルという画像が表示されるので

他の動画で使っていないような画像を設定しておけば(カスタムサムネイル)

それだけであなたの動画が見てもらえる可能性があるわけです。

 

 

 

 

事故については事故の瞬間映像などがSNSに上がっていれば

それを使用するのもありですし

災害などの映像は、写真だけでも状況が伝わるので

見つけたものは片っ端から使うくらいの気持ちでいいです。

 

 

 

 

では最後に、瞬発力のあるネタから

特化チャンネルへの誘導という部分について

 

 

アノテーションというものはご存知でしょうか?

デスクトップPCか、ノートPCでご覧の方はおわかりかと思いますが

動画内で他の動画に誘導したりする際に表示されるアレです。

 

 

 

このアノテーションは同じチャンネル内で

他の動画も見てもらいたい時に使われるのが一般的ですが

実は、別のチャンネルの動画に誘導することも可能なんです。

 

 

 

そこで、時事ネタの再生が爆発している動画に

アノテーションで、あなたの見てもらいたい

特化チャンネルの動画への誘導をかければ

検索、関連動画以外からの再生を生み出すことが出来るわけです。

 

 

 

この辺りの実践的なテクニックは別の機会にお話しますが

瞬発力のあるネタで再生の爆発を狙う場合は

特化チャンネルへの誘導も試してみるということも

忘れずに行なってみてください。

 

 

 

ただし、念を押すようですが、

ごちゃまぜ動画の作成に数時間かかってしまうようなら

やらないほうが良いと思います。

 

 

 

あくまでメインは特化チャンネルですので

特化チャンネルがある程度(登録者1000人以上くらい)育っていれば

そんな小細工を使うよりは、特化の動画で価値を提供することに

多くの時間を使ったほうが効率的です。

 

 

 

作ったばかりの特化チャンネルが思うように育たない

といった場合の応急処置的考えだと思って下さい。

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

 

 

ごちゃまぜチャンネルから抜け出せないあなた

私の発行するメルマガでYouTubeアフィリ成功のヒントをお教えしています。

思うように成果が出ていな異のであれば、迷わず登録してみてください

ランボルギーニ森山のメルマガ登録はこちらから