YouTube特化チャンネルの育ち方をグラフでみてみよう

2016-03-21_10h21_15

 

チャンネル開設から6ヶ月を目前に控え

ついにチャンネル登録者10,000人を達成しました。

 

 

2016-03-21_11h18_11

 

 

そこで、チャンネルの育ち方について私のチャンネルを元に

いくつかのグラフで検証していこうと思います

 

 

先日は、YouTubeで大きく稼ぐには

チャンネル登録者さんが多いことが重要だということをお話しました。

まだ読まれていない方はこちらを御覧ください。

 

 

 

そこで、YouTubeでは再生数やチャンネル登録者さんが

どの様に増えていくのかグラフや数値を元に解説しようと思います。

 

 

 

因みに検証するチャンネルは特化チャンネルですので

ごちゃまぜとは少々育ち方が違うことを、まずご理解ください。

 

 

では、早速こちらのグラフをご覧ください。(クリックで拡大できます)

 

 

2016-03-21_10h21_15

 

 

このグラフは、チャンネル開始から最近までの

チャンネル全体の再生数を表したものです。

 

 

 

これを見ていただくと大きな山が3つ確認できると思います。

この山は、いわゆる「再生が爆発した」時に起こる山です。

 

 

 

特化チャンネルの場合、はじめの山をいかに早く作れるかが

その後のチャンネル成長を左右するポイントになります。

 

 

 

 

私のチャンネルでは最初の山が、

チャンネル開始から45~50日あたりでやって来ました。

1本の動画が非常に多くの再生を集めたんです。

(この時、動画の数はチャンネル開設時に投稿した3本だけでした)

 

 

 

しかし、その山もある程度興味がある人が見終わると

自然と消滅してしまうわけですが

山を1つ超えると、谷の部分が少し底上げされます。

 

 

 

2016-03-21_11h23_03

 

 

 

上のグラフは1つ目の山が来た時に再生が爆発した動画の

再生数の推移を表しています。

山以降は大きな爆発はありませんが、安定して再生されていることがわかります。

 

 

 

 

その後、動画を増やしていくとまた山が訪れます。

私の場合、チャンネル開始後90~100日経った頃です。

その山が来た時には、以前より動画の数が増えており

爆発した動画と同じジャンルの、他人の関連動画に、

自分の動画が表示されているため

前回の山よりもチャンネル内の多くの動画を見てもらえる可能性があります。

(この時の動画数は21本)

 

 

 

 

そして、前回同様に、興味のある方がある程度見終わると

山は谷へと変わっていきますが、やはり谷の数値は底上げされます。

 

 

2016-03-21_11h27_00

 

上のグラフは2回目の山で再生が爆発した動画の

再生数の推移を表しています。

前回と違って動画投稿後すぐに再生が爆発しています

そして、やはり爆発後も安定して再生されています。

 

 

 

では最後に、現在進行形の山が現れていますが、この時の動画数は64本。

ピークを迎えた時の1日の収益は5万円を超えました!

3回目の山では、数本の動画が同時期に再生を爆発させるので

今までよりもさらに大きな山が来ることになります。

 

 

 

見ていただいたとおり、特化チャンネルの育ち方というのは

いくつか山を経験しながら、徐々に谷の数値(再生数)が底上げされ

その再生数に比例して収益も上下するので

長く運営すればするほど、月単位での収益が増えていくと言えます。

 

 

 

そして、再生数だけではなく、チャンネル登録者についても

同じようなことが言えます。

下のグラフはチャンネル登録者の増加を表したものです

 

 

2016-03-21_10h25_18

 

 

 

先ほどの、再生数の推移のグラフと全く同じ形

登録者の数も増えていることがよくわかりますよね。

 

 

 

再生が爆発すると、登録者の数も爆発的に増えて

再生数は谷を迎えても、登録者の数は減っていかないので

動画を増やしていけば谷の再生数が増えると言うのは

この登録者が増えたおかげといえるわけです。

 

 

 

新しく動画を投稿すれば、チャンネルに興味を持ってくれている登録者さんが

何もしなくても動画を見に来てくれるので、どんどん再生数が伸び

それによって関連動画への露出が増えて、さらに再生が伸びるというわけです。

 

 

 

特化チャンネルに関しては、ほぼこのパターンが当てはまります。

どこかのタイミングで1本の動画が再生の爆発を起こし、

動画を増やしていくと、さらに次の爆発、また次の爆発というように

大きな山を超えながら谷の数値が改善されていきます。

 

 

 

では、ごちゃまぜチャンネルはどうかと言うと

確かに山が来ることもありますが、山を超えた後

谷が底上げされるかといえばそうとも限りません

 

 

 

特にトレンドネタばかり扱っているチャンネルでは

旬を過ぎたネタは、ほとんどの人が見向きもしなくなります

 

 

2016-03-21_13h12_22

 

 

 

なぜかといえば、チャンネルが様々なジャンルを扱っているがゆえ

再生が爆発した動画が他の関連動画に表示されても

視聴者がすでに興味を失っているからです。

 

 

 

これが特化チャンネルだった場合は、

常にチャンネルの方向性は同じであるため

視聴者がそのジャンルの動画を見ている可能性は高く

他の動画の関連動画に表示されさえすれば

クリックしてもらえる可能性が大いにあるわけです。

 

 

2016-03-21_13h05_05

 

 

 

 

ですので、チャンネルを早く育てたいと考えた場合

動画をより多く投稿することも大切ですし(数撃ちゃ当たる的考え)

常にチャンネルコンセプト(ジャンル)を守ることが非常に重要になります。

 

 

 

私が発行しているメルマガでは

実践の経験を元にした、公には出来なような裏テクニックもお話しています。

最速最短でYouTubeを攻略したい方は

ぜひメルマガへのご登録をお願いします!

 

invibu037