動画削除に遭わないためにはどうすればいい?

2016-03-19_14h47_56

 

チャンネルを運営していると

稀にYouTubeによって動画を削除されてしまうことがあります。

 

 

特にごちゃまぜチャンネルで芸能ニュースなどを扱う場合は

細心の注意を払って動画を作る必要があります。

 

一体どんなところに注意すれば動画削除を避けられるのでしょうか?

 

 

 

今では日給5万円を稼げるようになった私も

YouTubeに取り組み始めた頃は頻繁にペナルティを受けていました。

 

その辺りの詳しいことはメルマガでお話していますので

興味がある方はこちらからご登録下さい。

 

 

ペナルティには動画削除以外にもいくつか種類があるのですが

全て説明するとだいぶ長くなりますので

今回は動画を削除されてしまう場合について解説しようと思います。

 

 

2016-03-19_14h47_56

 

 

動画削除の対象となる動画とは

 

・著作権で保護されているものをアップロードした場合

・Content IDが一致した場合

・動画の内容がYouTubeのコミュニティガイドラインに違反している場合

 

 

 

大きく分けるとこの3つになると思います

では順に説明していきますね。

 

 

著作権で保護されているものをアップロードした場合

 

これはよくわかると思いますが、TVドラマや、音楽、映画、TVアニメなど

第三者が著作権を所有しているものをアップロードしてしまった場合ですね。

 

2016-03-19_14h53_01

 

 

こういう動画はアップロード自体はできることがありますが

数時間から数日後以内に削除される可能性が大です。

 

 

 

どういうことかというと、さすがのYouTubeもアップされた動画全てを

人間の目で確認するのは不可能ですので、

基本的には機械がアップロードの際に著作権違反がないかチェックしています。

 

 

 

著作権で保護されている音楽を使った場合は、

ほぼ100%、アップロードの際、機械的に判別されるので

大抵は音楽を別のものするよう促されたり、

収益化が出来ませんよと言われたり、ミュートがかかりますよ

といった注意を受けることになります。

(この場合は動画削除までは至らないことが多い)

 

 

 

TVドラマやアニメ、映画といったものは判別が難しく

後述する「Content ID」が設定されていない動画を使った場合

アップロードの時点では見逃されることも多々あります。

 

 

しかし、著作権者が動画を見つけた場合、

著作権の侵害を通報できるので、

YouTubeが著作権の侵害を確認出来た場合

大抵の場合、動画は削除され、チャンネルには警告が1つ付きます。

(著作権者が宣伝効果があると認めた場合は消されないこともあります)

 

 

 

民放の多くは、自身のコンテンツを守るために

アルバイトを雇ってYouTube動画を監視させているという話も聞きます。

それほど、無断での使用には目を光らせているということです。

 

 

 

また、TV番組を扱った動画を、視聴者が見つけた場合は

放送コンテンツ適正流通推進連絡会の情報提供ページから

著作権を持っていない第三者でも通報ができるため

通報を受けてYouTubeが著作権侵害を確認した場合

動画を削除される可能性は極めて高いです。

この場合もチャンネルには警告1が付いてしまいます。

 

 

2016-03-19_14h49_01

 

 

 

ごちゃまぜチャンネルで注意しないといけないのは

アイドルなどの写真を使ってしまうことです。

特にジャニーズやAKBなどは、写真を使うだけでも

著作権侵害の通報を受ける可能性があるので

そのようなネタは扱わないほうがベストです。

 

 

 

では続いてContent IDが一致した場合

 

 

Content IDは、簡単に言うと、

目に見えないシールのようなものと私は考えています。

 

 

Content IDは、その設定を許されたチャンネルが

所有する動画に対してContent IDをつけることで

他人が動画を使った場合に、自分のコンテンツを特定して

管理するためのシステムです。

 

 

 

動画全編にContent IDの見えないシールが貼られているので、

元動画の部分的な使用であっても、その動画を使った場合は

警告を受ける可能性が非常に高いです。

 

 

このContent IDを設定された動画を、私が勝手に使った場合

アップロードした時点で特定され、Content IDの設定内容により

動画削除、音声のみをミュート、国を指定して視聴をブロック、

広告を貼って収益化(Content ID所有者への収益化)の処理がされます。

 

 

 

Content IDの設定が動画を削除するようにしてあれば

その動画はすぐに削除され、チャンネルには警告が1つ付きます。

 

 

 

 

最後に、動画の内容がYouTubeのコミュニティガイドラインに違反している場合

 

 

他人の動画を一切パクらずに

オリジナルコンテンツを作っているにも関わらず

多くの人が経験してしまうのがこのガイドライン違反での削除です。

 

 

YouTubeで禁止している内容の動画を上げてしまった場合は

主に、視聴者からの通報によってガイドライン違反の削除が発生します。

 

2016-03-19_14h58_04

 

 

わかりやすい例を上げると

・動画内で性的な画像を使用している

・他人を誹謗中傷する内容が入っている

・暴力的な表現が入っている

・人種差別を扇動する内容が入っている

と言った具合です。

 

 

 

 

性的なコンテンツについては、ヌードは完全にアウトですが

主な目的が性的な表現と解釈されるようなもの

例えば、女性の水着ばかりを集めた動画や

女子アナの胸ばかりに注目した動画

セクシーなハプニング動画などもこれに当てはまります。

 

 

 

誹謗中傷は、動画を見た人が快く思わない内容

特定の人を悪く言うような内容が含まれる場合

これは、引用したSNSのコメントにも含まれていることがあり

ごちゃまぜチャンネルで2ちゃんやSNSの引用をする場合は

コメント1つ1つの内容をきちんと確認しておく必要があります。

 

 

 

暴力的な表現は、そのままです。

暴行を加えているような動画や

暴力行為を助長するような内容はいけません

 

 

 

人種差別を扇動する内容が入っている、については

特定の人種に対して差別的な表現のあるものですね。

最近では嫌韓、嫌中といったものは削除までは行かないまでも

収益化ができなくなるという状況が発生しています。

 

 

 

表現の自由である程度は大目に見られる事はありますが

基本的にはコミュニティガイドラインを守っていないと

今は良くても、YouTubeの判断基準が変更されれば

その時点で動画削除されることになるので

一度、コミュニティガイドラインに目を通して

自分の作っている動画はガイドラインに違反していないかどうか

きちんと確認する事が必要です。

 

 

2016-03-19_14h56_03

 

 

恥ずかしながら私は、何度もこのコミュニティガイドラインの違反をしており

結果的にはYouTubeチャンネルの全削除アドセンスアカウント剥奪

というところまで至った過去があります。

ですので、そういった目に遭う前に、必ずガイドラインは確認しておきましょう。

 

 

 

チャンネルが1回でも警告を受けると、

そのチャンネルは良好ではない状態となります。

 

 

 

警告を受けたチャンネルでは、段階に応じて

カード機能が使えなくなる

15分以上の動画がアップロードできなくなる

収益化ができなくなる

カスタムサムネイルが使えなくなる

新規アップロードができなくなる

といったペナルティが課され

6ヶ月以内に3回の警告を受けるとチャンネルが削除されます

 

 

 

2016-03-19_14h49_58

 

 

因みに、私がガイドライン違反を繰り返した原因は

動画の内容的な物も何度かはありましたが、一番多かったのが

スパム、欺瞞行為、詐欺による、動画の削除を経由しない

一発チャンネル削除です。

 

 

 

この辺りは秘匿性の高い情報になりますので

メルマガを登録してくれている方にお話しようと思います

有益な情報をお伝えしますので、普段一番使うアドレスでご登録下さい。

 

invibu037

 

 

それでは、あなたも削除されない動画づくりを心がけて

多くの人に支持されるチャンネルを目指しましょう!