YouTubeチャンネル登録者が1年で23,000人を突破!何をしたらこうなったのか?

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%80%851%e5%b9%b4

こんにちは

部屋を片付けていたら、昭和61年まで発行されていた

旧千円札(伊藤博文絵柄)を発見した

ランボルギーニ森山です。

 

過去にも何度かお伝えしていた

私が実践するYouTubeアフィリエイトのメインチャンネルが

9月末で丸1年を迎えました。

 

まずは、無事に1周年を迎えられたことが

何よりも嬉しいことなのですが

もう一つ喜ばしいのが、チャンネル登録者さんの人数です。

 

このメインチャンネルは、とあるジャンルに絞った

総集編動画を提供しているチャンネルなんですが

始めた当初は1ヶ月で17人しか登録者がいませんでした。

 

2016-03-14_16h49_41

全ての画像はクリックで拡大できます

 

 

しかし、先日1周年を迎えた際の登録者さんの数は・・・

 

 

 

 

 

 

ナント・・・

 

 

 

 

 

 

23,431人となっていました

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%80%851%e5%b9%b4

 

 

 

いや~、これは嬉しいですよ!!

自分の発信する情報に

23,000人もの方が共感してくれたってことですからね。

因みに、1年かかって作った動画は83本です。

 

 

もちろん、このチャンネルは

顔出しや声出し、撮影すらも一切していない

完全コピペチャンネルなんですが

ここまでの成長を遂げてくれました!

 

 

では、改めてこれだけの登録者を獲得できたのは

どのようなことをしたからなのか?

そこのところをお話してみたいと思います。

 

 

まずこちらのグラフをご覧ください

 

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%80%85%e6%8e%a8%e7%a7%bb

 

このグラフが、チャンネル開始から1年間の

チャンネル登録者の推移を表したグラフです。

(アナリティクスの集計上、2016.9.28までのデータです)

 

 

これを見ていただくと

チャンネル登録者の増加はコンスタントにではなく

かなりの上下幅があることがわかります。

 

このグラフに視聴回数のグラフを追加してみると

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%80%85%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e8%a6%96%e8%81%b4%e5%9b%9e%e6%95%b0

 

このようになり、再生が爆発したときには

チャンネル登録者も同様に爆発的に増加することがわかります。

 

ということは、やはり再生が増えないことには

登録者もなかなか増えないわけで

いかに多くの方に動画を見てもらえるかが

登録者を増やすためのポイントになります。

 

では、より多くの方に動画を見てもらうためには

どのようなことをすればよいのか?

 

これにはいくつか方法があります。

・意図的に関連動画に表示させるための対策

・検索による再生を増やすためのタイトル付け

・思わず再生したくなるサムネイル作成

・再生リストによる検索からの再生と動画同士の関連付け

 

 

 

関連動画対策や、タイトルの付け方については

以前こちらでもご説明していますので

詳しくは以下のリンクからご確認下さい。

 

関連動画対策で再生数を伸ばすには

 

再生される動画タイトルの付け方、コツ

 

 

 

 

 

再生を増やすために、このような戦略を使うのはもちろんですが

毎回言っているように、再生を伸ばすために最も重要なのは

動画の中身 (コンテンツ)にあります。

 

 

扱っているジャンルに違いはあれど

価値を与える動画づくりが何よりも大事だと

常に意識することを忘れないでください。

 

私のチャンネルが1年で23,000人という登録者を獲得できたのも

常に、価値を与えることを意識してきたからに他なりません。

 

そういった価値を与えるのが比較的簡単に出来るのが

総集編動画の良いところでもあるのですが・・・

 

そこで、今回は私が心がけている

「価値の提供」について

具体的なお話をしてみようと思います。

 

 

「価値の提供」と一言で言われても

なかなかイメージするのは難しいかもしれません。

 

 

ですが、あなたが視聴者としてYouTubeを見た場合

どんな動画だったら「見てよかったな」と思えるか考えると

「価値」というものが少し見えてくるかもしれません。

 

 

例えば、

・知らなかった情報をわかり易く説明してくれた

・気になっていた疑問を解決してくれた

・覚えておきたいことを上手にまとめてくれていた

・見たこともない映像を見せてくれた

・感動を与えてくれた

・趣味の知識を深めることが出来た

などなど

 

 

そして、私がYouTubeで「価値の提供」をするためにやっていたのが

YouTubeで「NAVERまとめ」的なものが作れないか

ということを意識することでした。

 

 

まずはじめにやってみたのはYahoo!ニュースの深掘りでした。

こちらの記事で当時の動画を紹介していますので

よろしければ御覧ください。

ごちゃまぜチャンネルで再生数を伸ばすには?

 

 

続いて取り組んだのは「Yahoo!知恵袋」から

面白そうなネタを探してそのネタを深掘りするという方法。

 

 

具体的に言うと、その後が気になりそうなネタを探して

2ちゃんねるや、2ちゃんまとめでその後の情報を探し

1つの動画としてまとめるというものです。

 

過去に作ったモノが残っていましたので

2つの動画をアップしてみました。

 

1つ目は、とある主婦が、子供の些細な出来事から

仲間はずれにされて困っているというものなのですが

実はとんでもない結末が待っているという話です。

 

 

この動画のネタになった知恵袋の投稿がこちら

ご近所のママ友さんに仲間はずれにされています

 

 

この投稿ページだけ見ると「なんだよ、それ」で終わりますが

深掘りをしてみると、まだまだ続きがあることがわかり

これをまとめてみたら面白いかもと思って作った動画です。

 

YouTubeでの視聴はこちら

 

 

 

そしてもう1つは、こちら

3〜4ヶ月前から天井に穴があき、黒いものがぶら

 

 

こちらはかなり不気味な現象だと言うのに

「怖いよー天井裏気になる>_<」がベストアンサーという

何とも納得いかない結末だったので、その後を調べてみると

衝撃的な画像に行き着いたため、動画にしてみたというもの。

 

YouTubeでの視聴はこちら

 

 

実際、動画としては、どちらもあまり需要はなかったのですが

「NAVERまとめ」的な動画というものが

何となくわかっていただけるのではないかと思います。

 

 

 

その後、知恵袋ネタでまとめに適したものが意外に少ないことと

自分の中で「やっぱYouTubeは動画であるべきだ」と言う思いが強くなり

今のメインチャンネル、総集編動画へと移行したのです。

 

 

総集編動画の作り方はまたの機会にお話しようと思いますが

文字スクロールであっても、少し視点を変えれば

面白い動画を作ることは可能ですし

そういったアイデアを考えること自体がとても重要です。

 

 

常に新しいアイデアを考えることで

今まで想像もつかなかった「価値の提供」に気づくかもしれません。

 

 

はじめは考えを形にするのは難しいですが

とにかくやってみて、スキルを上げて

難しいことにチャレンジするのはとてもやりがいのあることです。

 

 

あなたもぜひ、あなたにしか出来ない

「価値の提供」を意識してみてくださいね!

 

 

invibu037